人生をちょっと豊かに。20代リーマンの適当なブログ。

適当にするぜ

スポンサー



インターネットに書いてあった情報が実は嘘だった!
っていう経験はありませんか?

インターネットは誰でも情報発信ができる分、
その情報の信憑性に疑われるものが多くあります。

また、最近では情報をお金で買う、情報商材なるものが多く出回っております。
これらに騙されないためにも、インターネットを賢く使っていきましょう。




1.情報源を知る

例えば、その情報がどこから発信されたものなのか確認することは非常に役に立ちます。
大手新聞社や大手ニュースサイトの情報は大きく信用できるでしょう。

反対に2ちゃんねるやツイッターなど、
誰でも発言ができるようなサイトの情報は鵜呑みにしないことが先決です。




2.すべてを疑ってかかる心意気を持つ

また、大手サイトだからと言ってその情報が確実に正しいのだと思い込むことも危険です。
大手サイトにも間違いはありますし、
収入源である協賛や広告主などの都合で情報に偏りがあることもあります。

全ての情報に対し、「これって本当に正しいのかな?」と疑ってかかる心意気を持ちましょう。
ただし、現実世界でこれをやっていくと嫌われる可能性が大いにあるので注意が必要です。





3.異なる情報源から情報を集める

情報の信憑性を高めるには異なる情報源から複数の情報を集めることも役立ちます。
また、インターネットで検索する際に異なる単語で検索することも効果的です。

例えば、「流行 服」を検索していた場合、「流行 ファッション」、「トレンド 服」などが挙げられます。





最後に

インターネットは正しく使うことで知見を大いに深められます。
しかし、間違った情報が多いことも事実です。

また一般的にインターネットよりも出版社が出している
書籍の方が情報の信憑性が高いと言われています
(情報発信するハードルが高いため)。

その情報が正しいか、本当に確かめたい場合は、インターネットだけでなく、
異なる情報媒体(テレビ、書籍など)から情報を集めることや、
実際に自分の足を動かし実体験することなどが必要となってくるでしょう。


suruze
関連記事






CM(0) 生活 2016/09/08 06:00
Edit
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
僕が面白い!と思ったもの、ことを紹介!
毎日6:00、たまに18:00に更新!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

よかったらブログランキング押してください^^

自己紹介
twitter:@suruze9
スポンサー


人気記事
検索フォーム
FC2カウンター
スポンサー