人生をちょっと豊かに。20代リーマンの適当なブログ。

適当にするぜ

スポンサー



まあ今更の話かもしれない。
正直言って、ものが売れない時代が来始めている。

というか、日本で物を作っても儲からない時代が来ている。

なぜか?

人件費が高いからだ

物を作るには、その物の材料とそれを加工する機械と人が必要になる。
ここで、問題になるのが人だ。

例えば、日本で作っていた物を中国で作ろうとする。
物の材料と加工する機械の値段は同じだ。
(コンテナ船の登場で、物(材料と機械)の値段は均一化、グローバル化している)

すると、異なる値段は人、つまり人件費となる。
中国の人件費はかなり安いらしい。
日本人の10分の1とも言われている。

つまり、その分のコストが製品に反映される。
そのためMade in Chineが多い時代となってきているのだ。





つっても、これは昔からよくある話で、
世界の流れとして
第一次産業(農耕)→第二次産業(工業)→第三次産業(サービス)
という産業の流れがあるらしい。

よくできてるわな。
つまり、産業が成熟した先進国は人件費が高くなるため、
工業なんてやってても儲からない
ってのが結論であると思われる。




うーん、大学で経済学んどきたかったなあ。




工業がこの先残る道としては、製造は人件費の安い先進国にやらせるとして、
先進国が開発できない製品の設計をする、ってことになってくると思う


日本だとスマホの部品とかが強いらしいな。


でもそんなちっちゃい部品設計したいか?
って言われると、僕はそんな興味ないんだよなあ。

ってことで、今転職活動をしている僕は製造業からは離れようとしている。
果たして、、、
関連記事






CM(2) 雑記 2017/06/21 06:00
Edit
コメント
産業の流れなんていうマクロな話を個人の仕事探しに当てはめてどうする笑

2次だろうが3次だろうが末端の奴の給料に大した差はないよ。
2017/06/21 16:02 あ URL [ 編集 ]
ごもっともですね笑
サービス業が一番儲かるとも限らないですからねえ
2017/06/21 16:35 suruze URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
僕が面白い!と思ったもの、ことを紹介!
毎日6:00、たまに18:00に更新!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

よかったらブログランキング押してください^^

自己紹介
twitter:@suruze9
スポンサー


人気記事
検索フォーム
FC2カウンター
スポンサー