人生をちょっと豊かに。20代リーマンの適当なブログ。

適当にするぜ

スポンサー



ダウンロード


僕は大企業に勤めていたが、

・勤務地が関西
・上司が嫌い
・仕事がつまらない


これらの理由から転職を決意し、中小企業に転職した。

これが成功だったか、失敗だったかは、正直僕にもよく分からない
ただ、会社を辞めたくて仕方がないという気持ちに満ち溢れていたので、まあ結局のところ辞めるのも時間の問題であっただろう。





が、最近思うことがある








なぜ大企業を辞めてしまったのだろう…、と…







そう、後悔しているのである。






なぜか?






1.世間体・ネームバリュー

まず、これである。
大企業に勤めているときは、多少なりとも自分の会社に誇りを持っていた。こんな大きな会社に勤めているんだぞ!という気持ちになれる。ネームバリューや見栄みたいなものである。
どこに勤めているの?と聞かれても答えられる。それが大企業だ。




2.将来性

大企業に入れば安泰とは限らない。東芝やシャープのようにリストラに合うかもしれない。が、しかしだ。中小企業と比べてみてほしい。

圧倒的に大企業の方が安泰である。

また、大手→中小への転職は簡単だろうが、中小→大手への転職が難しいことは考えなくても分かるだろう。




3.給料・福利厚生

給料もそうである。大企業のボーナスや退職金、福利厚生・手当はかなり大きい。住宅手当や企業年金なんかは大企業あるあるである。僕が勤めていた会社では、住宅手当で月5万、企業年金は老後の年金に月10万円ほど支給される。




果たして、これらを犠牲にしてまで中小企業に転職して成功だったのか?
今後の自分の人生が見ものである。



suruze
関連記事






CM(0) 転職 2017/09/18 06:00
Edit
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
僕が面白い!と思ったもの、ことを紹介!
毎日6:00、たまに18:00に更新!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

よかったらブログランキング押してください^^

自己紹介
twitter:@suruze9
スポンサー


人気記事
検索フォーム
FC2カウンター
スポンサー